バイオリン製作教室のウェブサイトです。バイオリン、ビオラ、チェロなどの弦楽器の製作にご興味をお持ちのかたはご利用ください。自分で製作した楽器で演奏するよろこびは格別です。 すべての方が楽器を完成させることができるように、可能なかぎり懇切丁寧に指導させていただきます。初級と中級のコースにおいては、ほとんどの作業に講師が介入いたします。

随時レッスンを行っています。平日と土日のクラスがあります。スケジュールについてはお問い合わせください。 TJK音楽教室の生徒様には割引価格で教材を販売いたします。

TJK弦楽器工房は有楽町線の江戸川橋駅から徒歩2分、東西線の神楽坂駅から徒歩7分の便利な場所にあります。江戸川橋駅は飯田橋から1駅、池袋から3駅ですので、お仕事帰りにレッスンを受講することもできます。

初級コース

工場で組み立てたバイオリンのキットを使って製作の学習を行います。30時間の作業で完成を目指します。バイオリンをいちから製作すると100~200時間くらいかかるところを(もっとかかる場合もある)、このコースでは数十時間程度におさめることができます。キットを使った学習は、初学者の方が弦楽器製作の全体の流れをつかむのに大変有用です。パーツは機械で比較的精密に製造されておりますので、下手に手作業で製作するよりも品質のよい楽器ができあがります。きちんと作れば十分実用に耐える楽器になります。

受講者様には次の工程を行っていただきます。

  • ラベル(受講者様の氏名などを記載する)を作成し、裏板に接着する。
  • 板の表面をなめらかにする。
  • 色付けおよび目止めの下地処理をする。
  • ニスのプライマーを塗り、表面の処理を行う。
  • ニスを塗り、表面の処理を行う。
  • ペグの穴をあけペグを取り付ける。
  • エンドピンの穴をあける。
  • ナットとサドルをニカワで接着する。
  • 指板をネックにニカワで接着する。
  • 魂柱を製作し、本体に取り付ける。
  • 駒を製作し、弦といっしょに本体に取り付ける。

教材費:40,000円(税込)

設備費:10,000円(税込)

受講料:1時間につき2,000円(税込)

教材費には次のものを含みます。写真にあるバイオリンのキット、駒(Aubert)、ニス。ただし弦は含みません。 設備費はコース受講開始時に1回だけかかります。製作に必要となる道具は教室でご用意いたします。購入する必要はありません。 30時間の作業をレッスン内で行うと、けっこうな金額となってしまいますので、できるだけ持ち帰ってご自宅で作業をされることをおすすめします。初級コースで行う作業のほとんどはニス塗りとニスの表面処理です。 初級コースを修了すると、駒の調整、魂柱の調整、指板の調整、ペグの交換、ニスの修理などができるようになります。

初中級コース

向上で途中まで組み立てたバイオリンのキットを使って製作の学習を行います。100時間の作業で完成を目指します。パーツは機械で比較的精密に製造されておりますので、下手に手作業で製作するよりも品質のよい楽器ができあがります。きちんと作れば十分実用に耐える楽器になります。

受講者様には次の工程を行っていただきます。

  • 裏板にパーフリングを入れる。
  • 裏板の厚みを調整する。
  • 裏板を横板にニカワで貼り付ける。
  • ラベル(受講者様の氏名などを記載する)を作成し、裏板に接着する。
  • 表板にパーフリングを入れる。
  • 表板の厚みを調整する。
  • バスバーを作成し、表板に接着する。
  • 表板を本体にニカワで接着する。
  • ネックの形を調整し、本体に接着する。
  • 色付けおよび目止めの下地処理をする。
  • ニスのプライマーを塗り、表面の処理を行う。
  • ニスを塗り、表面の処理を行う。
  • ペグの穴をあけペグを取り付ける。
  • エンドピンの穴をあける。
  • ナットとサドルをニカワで接着する。
  • 指板をネックにニカワで接着する。
  • 魂柱を製作し、本体に取り付ける。
  • 駒を製作し、弦といっしょに本体に取り付ける。

教材費:50,000円(税込)

設備費:10,000円(税込)

受講料:1時間につき2,000円(税込)

教材費には次のものを含みます。写真にあるバイオリンのキット、駒(Aubert)、ニス。ただし弦は含みません。 設備費はコース受講開始時に1回だけかかります。製作に必要となる道具は教室でご用意いたします。購入する必要はありません。 すべての工程をレッスン内で行うと、けっこうな金額となってしまいますので、できるだけ持ち帰ってご自宅で作業をされることをおすすめします。初級コースで行う作業のほとんどはニス塗りとニスの表面処理です。 初級コースを修了すると、駒の調整、魂柱の調整、指板の調整、ペグの交換、ニスの修理などができるようになります。

中級コース

中級コースを受講するには初級コースを修了していることが望ましいです。ある程度下準備された材料を使って、製作の学習を行います。200時間の作業で完成を目指します。型枠の製作、表板・裏板・ネックの下準備までは教室側で行います。作業としては、いちから自分で作る場合と同様に、かなり本格的となります。 受講者様には次の工程を行っていただきます。

  • ブロックを型枠に接着し、加工する。
  • 横板を加工し、ブロックに接着する。
  • ライニングを作り、横板およびブロックに接着する。
  • 裏板を作り本体に接着する。
  • 表板を作り本体に接着する。
  • ネックを作り本体に接着する。
  • 色付けおよび目止めの下地処理をする。
  • ニスのプライマーを塗り、表面の処理を行う。
  • 仕上げ用のニスを塗り、表面の処理を行う。
  • ペグの穴をあけペグを取り付ける。
  • ナットとサドルを本体に接着する。
  • 指板を作りネックに接着する。
  • 魂柱を製作し、本体に取り付ける。
  • 駒を製作し、弦といっしょに本体に取り付ける。

教材費:100,000円(税込)

設備費:10,000円(税込)

受講料:1時間につき2,000円(税込)

教材費には次のものを含みます。バイオリンの表板(スプルース)、裏板(メイプル)、横板(メイプル)、ネック(メイプル)、指板(黒檀)、フィッティング(黒檀)、駒(Aubert)、ニス。ただし弦は含みません。 設備費はコース受講開始時に1回だけかかります。製作に必要となる道具は教室でご用意いたします。購入する必要はありません。 200時間の作業をレッスン内で行うと、けっこうな金額となってしまいますので、できるだけ持ち帰ってご自宅で作業をされることをおすすめします。

上級コース

中級コースの修了が必須となります。300時間の作業で完成を目指します。製作するモデルの選定、型枠の製作、表板・裏板のはぎ合わせなど、すべての工程をいちからご自分で行っていただきます。ちまたにはいきなり上級コースを素人さんにやらせる製作教室があるようですが、これはかなり無謀なことです。講師のサポートなしでは弦楽器は完成しません。

教材費:60,000円(税込)

設備費:10,000円(税込)

受講料:1時間につき2,000円(税込)

教材費には次のものを含みます。バイオリンの表板(スプルース)、裏板(メイプル)、横板(メイプル)、ネック(メイプル)、指板(黒檀)、フィッティング(黒檀)、駒(Aubert)、ニス。ただし弦は含みません。 設備費はコース受講開始時に1回だけかかります。製作に必要となる道具は教室でご用意いたします。購入する必要はありません。

ビオラとチェロの製作コース

ビオラとチェロについても対応可能ですが、楽器が大きくなると製作にかかる作業量も増えます。具体的には、バイオリンとの比較で、ビオラは2倍以上、チェロは3-4倍以上の作業時間かかります。ヴィオラについては、初めての方でも、キットを使う初級コースなら受講できます。チェロについては、バイオリンの初級コースが必須となります。

その他

コース開始時にかかる初期費用(教材費と設備費)は分割払いにできます(JACCS)。受講料はその都度払いです。 通常はひとクラス2名以上のグループレッスンとなります。希望される方には個人レッスンもできます。個人レッスンの受講料は10分につき1,000円(税別)です。

弦楽器製作にあたった生じる怪我や病気については教室は責任を負うことができません。自己責任にてお願いします。弦楽器製作の作業を行いますと、手指などが必ず傷つきます。刃物を使うので、誤って指などを傷つけたりすることがあります。中級コース以上では、カンナを使って木を大量に削るので、慣れていない人がやると指の皮がぼろぼろになります。手指の怪我がお仕事に影響する方には弦楽器製作はおすすめいたしません。

木工作業では木くずがたくさん発生します。レッスンには汚れてもいい服装でいらしてください。前掛けを使う方法もあります。粉塵も発生しますのでマスクの着用をおすすめいたします。

ご自宅で作業を行っていただくと、レッスンの受講料を節約することができます。ただし木くずやニスで部屋が汚れますので、専用のスペースを用意する必要があります。教室は道具の貸し出しはしておりませんので、道具は別途購入していだく必要があります。よく使う道具は限られていますので、購入してもそれほど費用はかかりません。バイオリン製作に使う道具についての説明はこちらをご覧ください。

万が一、開始した弦楽器製作プロジェクトをご自分で完成させることができない場合は、教室側で残りの作業を請け負うことができます。費用についてはお見積もりいたします。