これまでに製作した弦楽器の一部をご紹介いたします。いずれの弦楽器も欧州産のメイプルとスプルースを使用し、オールド楽器をモデルとして製作しました。

次の動画はストラディバリウスCremoneseをモデルに製作したヴァイオリンでの演奏です。

チャイコフスキー作曲 ヴァイオリン協奏曲の冒頭部分(演奏 小野田さと)

次の写真はグァルネリ・デル・ジェスのコハンスキーをモデルに製作したバイオリンです。グァルネリはセンターバウツがストラディバリウスよりも太めのため低音がよく出ます。高音も力強く鳴ります。写真はオールドヴァイオリンのように見えますが実際は古くはありません。新しい材料から作りました。

ヴァイオリン グァルネリ Kochanski
ヴァイオリン グァルネリ Kochanski

下記動画は当音楽教室の講師がグァルネリKochanskiを試奏した様子です。

チャイコフスキー作曲 ヴァイオリン協奏曲の冒頭部分(演奏 小野田さと)

ブラームス作曲 F.A.Eソナタ Scherzo(演奏 河野由里恵Vn 川津直子Pf)

次の動画はチェロの最も古い世代にあたるAndrea Amati 1570をモデルとして製作したチェロでの演奏です。

バッハ作曲 無伴奏チェロ組曲 第1番 Prelude(演奏 山田幹子)

チェロ ストラディバリウス
チェロ ストラディバリウス

ストラディバリウスのチェロはヨーヨーマが使用していることで有名な楽器です。ストラディバリウスはチェロもセンターバウツが細めです。

 

チェロ ドメニコ・モンタニャーナ
チェロ ドメニコ・モンタニャーナ

モンタニャーナはミッシャ・マイスキーが使用していることで有名な楽器です。センターバウツが太めです。