弦楽器製作講師 杉原崇憲(すぎはら たかのり

福岡県出身。理学博士。九州大学理学部物理学科卒、九州大学大学院理学研究科博士課程修了(素粒子物理学理論専攻)。大阪大学特別講師、学術振興会特別研究員、米ブルックヘブン研究所研究員、理化学研究所研究員、産業技術総合研究所研究員等を経て現職。

弦楽器製作は加藤哲夫氏に師事。製作のレパートリーは、アマティ、ストラディバリウス、ガルネリ、ガダニーニ、モンタニャーナなど。製作した弦楽器を調整するには自分で演奏する必要があると考え、チェロとバイオリンの演奏技術向上にも日々取り組んでいる。現在の課題曲はショパンの序奏と華麗なるポロネーズ。